トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行を利用しよう > 運転代行でお酒を楽しむ

運転代行でお酒を楽しむ

運転代行でお酒を楽しむの画像

運転代行を最も頻繁に利用する人は、やはり外でお酒を飲む機会が多い人ではないでしょうか。

通勤には、どうしても車が必要だが、仕事がら接待に出たり、接待されたりということが多い、こうした人にとって、運転代行はなくてはならないサービスでしょう。

どうしても車を運転しなければならないときには、お酒をあきらめるしかありません。

しかし、もともとお酒を飲める人を接待する場合、接待する側も、当然、接待を受けた人がお酒を飲みリラックスして話しができることを期待しています。

それだけに、せっかく接待したのに、お酒を飲まないとなれば、何か、悪いことをしたのかと気づかってしまいます。

接待を受けた人もルール違反というべきです。

そのため、早くから、その日が接待とわかっている場合、自宅に車を置いて、その日は出勤するという方法もあります。

しかし、地方に住んでいる場合には、それもままなりません。

自宅から駅まで、徒歩1時間、あるいは2時間に1本しかないバスで30分といった人もいるでしょう。

そんな場合には、いつもよりも1時間も、2時間も早く家を出なければならないといったこともあるでしょう。

それでは、せっかく接待してくれるといっても嬉しくもなんともありません。

かえって大変な目にあうといった気分になってしまいます。

それでは接待を受けないほうがましでしょう。

しかし、仕事なら、そういうわけにもいきません。

そこで出番となるのが運転代行です。

あらかじめ、運転代行に電話をいれて予約をしておけば、その日は、何の気兼ねも無くお酒が飲めます。

約束の場所まで車で行き、帰りには、運転代行を呼んで、自分の車を運転してもらい、自分も乗って帰ります。

随伴車が、その後をついていき、車と自分を送り届けてもらったら、また二人で帰っていきます。

あるいはタクシー事業者が代行運転をする場合には、タクシーに二人が乗って迎えに来て、そのうちのひとりに自分の車を運転してもらい、自分はタクシーに乗って帰ります。

運転代行を利用すれば、まったく気兼ねなく、お酒を飲むことができます。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 車のみの運転代行

運転代行の事業者は運転手派遣も同時に行っていることが多いようです。 運転手派遣の場合には、依頼者が車を用意して、派遣された運転手がその車を運転します。 たいていの場合、拘束時間と運転する車の排気量などの組合せで料金が決まります。 主な用途には、会社役員車の運転手や、団体で移動する場合のマイクロバスの運転などがあげられます。 企業で役員車やマイクロバスなどを利用する場合、運転手を常雇いするよりも、必要なときに運転代行に運転手派遣を頼むほうが合理的です。 役員車は毎日の自宅から

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。