トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行を利用しよう > 運転代行の歴史

運転代行の歴史

運転代行の歴史の画像

運転代行の歴史はそれほど古くはありません。

何故なら、一般のタクシーなどとは違い、運転代行業が成立するためには、まず自分で車を運転する人がたくさんいるという前提が必要だからです。

単純に人を運ぶ運搬業であるタクシーなどのサービスが古くからあるのに比較して、運転代行の歴史が浅いのは当然です。

さらに、運転代行が広まるためには、ドライバーに飲酒運転は絶対しないといった意識が無ければなりません。

もしも、飲酒運転がたいした罪にならなければ、おそらく運転代行は今ほどには普及しなかったでしょう。

運転代行が脚光を浴びだしたのは、1980年ごろのことですが、一般にもよく利用されるようになったのは、2002年の道路交通法改正によって飲酒運転の厳罰化が制定されてからのことです。

地方での車の運転による通勤の常態化と、飲酒運転の厳罰化が重なった結果、運転代行を使おうという機運が広まったといえるでしょう。

この2002年に「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」も制定され、運転代行は都道府県の公安委員会の認可事業として社会的にも立場が明らかになったのです。

運転代行業は運転代行、あるいは代行運転とも呼ばれます。

運転代行は、簡単に言うと、飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった者の代わりに、その者の車を運転し、自動車を主に依頼者の自宅などの目的地に送るサービスのことです。

日本で始めて運転代行が行われたのは1966年のことといわれています。

1980年ごろに運転代行が知られるようになったのは、この頃に道路交通法や刑法が改正され、飲酒運転、あるいは危険運転致死傷罪などに対する罰則が厳しくなったからです。

この頃から、特に利用されたのは地方の公共交通機関が発達していない地域で、飲酒時に運転代行をすることを売り文句にしたのは1980年ごろの秋田県でのことといわれています。

このように運転代行と飲酒運転に対する罰則強化は切っても切り離せない関係にあります。

今では考えられないことですが、飲酒運転に対して、あまり罪を感じず、多くの人が飲酒運転を悪いこととは知りながら、隠れて飲酒運転をする人が多ければ、運転代行が今のように事業として成り立つことはなかったでしょう。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 運転代行の手順

運転代行の業務は2人1組で1台の随伴車と呼ばれる車を用いて行われます。 運転代行の手順は次の通りです。 まず、飲酒などの理由で自分の車を運転できなくなった人が運転代行事業者に依頼します。 依頼を受けた事業者は、その依頼者がいる場所に2人1組で随伴車に乗って到着します。 そして依頼者の車のキーを預かります。 そして2人でその依頼者が車を駐車している場所に向かいます。 車についたら、2人のうちの1人が依頼者の車を運転します。 依頼者や依頼者と共に車に乗ってきた人も依頼者の車に乗

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。