トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行を利用しよう > 運転代行の手順

運転代行の手順

運転代行の手順の画像

運転代行の業務は2人1組で1台の随伴車と呼ばれる車を用いて行われます。

運転代行の手順は次の通りです。

まず、飲酒などの理由で自分の車を運転できなくなった人が運転代行事業者に依頼します。

依頼を受けた事業者は、その依頼者がいる場所に2人1組で随伴車に乗って到着します。

そして依頼者の車のキーを預かります。

そして2人でその依頼者が車を駐車している場所に向かいます。

車についたら、2人のうちの1人が依頼者の車を運転します。

依頼者や依頼者と共に車に乗ってきた人も依頼者の車に乗せて目的地に移動します。

そしてもう1人は随伴車を運転し、目的地(=多いのは依頼者の自宅など)に随行します。

そして目的地に着いたら、依頼者に車を返して料金を受け取ります。

そして2人で随伴車にのり、事業所まで帰ります。

これが運転代行の基本的な流れです。

運転代行のサービスはタクシー会社も行っています。

この場合には、随伴車ではなくタクシーに2人の乗務員が乗って依頼者のところに向かいます。

そして、依頼者をタクシーに乗せ目的地に向かいます。

もう1人の乗務員は依頼者の車を運転し目的地に向かいます。

つまり通常のタクシーの業務に運転代行の業務が上乗せされるわけです。

運転代行の業務は、昔はまったく法規制がありませんでした。

そのため誰でも事業に参加できたのですが、2002年に「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」が施行されて、都道府県の公安委員会の許可が無ければ営業することができなくなりました。

このことにより、いわゆる白タク業者や非合法な団体が排除され、安心して運転代行を頼むことができるようになったのです。

さらに2004年からは依頼者の車を運転するためには、タクシーと同じ第2種運転免許の取得が義務付けられました。

また運転代行業者の随伴車には「(都道府県名)公安委員会認定第○号(業者名)代行随伴用自動車」の文字をいれることが法律で義務付けられています。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 適正な運転代行の利用を

運転代行はタクシー事業などと比較すると、まだまだ世間に出てから日も浅く、その事業について知らない人も多いと思われます。 運転代行がどのような仕組みの事業なのかがわからない、結果、運転代行の事業者に、本来、することを許可されていない働きを強要してしまうといったこともあるかもしれません。 また逆に、客が、その事業の本来のあり方を知らないことをいいことに、タクシー理事行為や、白タクに似た行為を行ってしまう可能性もあります。 本来は、こうしたことが起こらないように運転代行の事業者は

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。