トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行を利用しよう > 運転代行の注意事項

運転代行の注意事項

運転代行の注意事項の画像

運転代行をタクシーと同じ事業と捉えてはなりません。

タクシーやハイヤーは、あくまで運転手が運転する営業車に依頼者を乗せて目的地まで走る業務です。

先に述べたように、運転代行で随行車が走る場合には、依頼者やその依頼者の車の同伴者は随行車ではなく、依頼者の車に乗らなければなりません。

一方、タクシー事業者が運転代行を行っている場合には、依頼者や依頼者の同乗者はタクシーに乗らなければならないのです。

これらのことについては、運転代行の事業者に依頼したときに、その事業者から説明があるか、あるいは運転代行事業者が依頼者のところに到着したときにきちんとした説明があるはずです。

こうした説明がいい加減であったり、あるいはどちらでもいいような態度をとる事業者は避けたほうが良いでしょう。

また運転代行を頼むときに気になる疑問の一つに、もしも依頼者の運転する車で運転代行事業者が事故を起こした場合にどのような対応になるかということです。

基本的に依頼者の車の自賠責保険や任意自動車保険は使うことができませんし、使うべきでもありません。

自分の車を傷つけられて、なおかつ自分が保険金を支払っている保険を使うのはどう考えてもおかしいでしょう。

基本的には、運転代行事業者は保険に入っています。

その保険を利用して車両を賠償するでしょう。

ただ、運転代行事業者は保険に入っていようが、いまいが、事故を起こしたら依頼者に賠償するのが当然でしょう。

事業者としては当たり前のことです。

どうしても気になるようでしたら、その事業者に依頼するときに、もしも依頼者の車で事故を起こしたらどうなるのかをきちんと聴いておきましょう。

そのとき、明確な回答がないような事業者には頼むべきではありません。

「必ず賠償する」という答えが正解ですが、なかには、運転代行事業者が加入している保険について説明してくれるところもあるでしょう。

いずれにしてもそのような疑問は解消しておくのが基本です。

事故が現実に起こってからでは遅いのです。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 白タク行為は禁止(1)

運転代行はタクシー事業者が行っている場合もあります。 先にも少し書いたとおり、タクシー事業者が運転代行を行っている場合には、運転代行の事業者と少しルールが変わってきます。 タクシー事業者は、タクシーに乗る資格のある運転手が自分の営業車であるタクシーにお客を乗せなければなりません。 そのため、運転代行をタクシー会社に頼んだ場合、依頼者は必ずタクシーに乗る必要があります。 タクシー運転手が運転する自分の車に乗ってはならないのです。 このあたりもよく誤解されるところです。 依頼者

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。