トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行の禁止行為 > タクシー類似行為は禁止

タクシー類似行為は禁止

タクシー類似行為は禁止の画像

運転代行は、しばしばタクシーと同じように一般の人に思われています。

タクシーと同じように運転代行を利用しようとする人がいるのは、そのためです。

タクシーは、依頼者を自分(運転手)の営業車に乗せて、依頼者の望む場所に連れて行くのが仕事です。

ですから、依頼者を車に乗せないと話になりません。

依頼者を車に乗せずに走ってもお金にならないのが原則です。

タクシーは客を乗せずに荷物だけを運ぶような行為は法律で禁止されています。

つまり、タクシーを止めて、この荷物をどこどこの誰々まで届けて欲しいといった依頼を受けることはできないのです。

運転代行はタクシー類似行為を禁止されています。

タクシー類似行為とは、文字通り、タクシーと同じような行為をすること、すなわち、自分の営業車に依頼者を乗せて走る行為です。

このことから、運転代行の依頼者は、必ず自分の車に乗って帰らなければなりません。

運転代行の事業者が乗ってきた車に乗って帰ることはできないのです。

これは、依頼者の車に乗ってきた同乗者の場合も同じです。

運転代行を頼んだ依頼者の車に乗っていた同乗者も車に乗って帰るなら、依頼者の車で帰らなければなりません。

複数の人間で車に乗り合わせ、その後、全員が飲酒して、運転代行を呼んだような場合、運転代行の料金を全員で割り勘にしようと考えるのは自然です。

ですから、同乗者は全員、依頼者の車に乗って帰りたいと考えるでしょう。

ところが、依頼者の車が4人乗りで最初から4人で乗ってきた場合など、どうしてもひとり余ってしまいます。

そんなとき、ひとりが運転代行の車に乗って一緒に行くと言い出す、こうしたケースがよくあるのです。

運転代行は、通常、当然断りますが、依頼者側が食い下がると、つい、ということにもなりかねません。

それで警察に捕まったり、事故を起こしたりしたら、非常に不愉快な思いをしなければならないでしょう。

ですから、そのような行為は決してしてはなりません。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 運転代行の手順

運転代行の業務は2人1組で1台の随伴車と呼ばれる車を用いて行われます。 運転代行の手順は次の通りです。 まず、飲酒などの理由で自分の車を運転できなくなった人が運転代行事業者に依頼します。 依頼を受けた事業者は、その依頼者がいる場所に2人1組で随伴車に乗って到着します。 そして依頼者の車のキーを預かります。 そして2人でその依頼者が車を駐車している場所に向かいます。 車についたら、2人のうちの1人が依頼者の車を運転します。 依頼者や依頼者と共に車に乗ってきた人も依頼者の車に乗

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。