トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行の禁止行為 > 白タク行為は禁止(1)

白タク行為は禁止(1)

白タク行為は禁止(1)の画像

運転代行はタクシー事業者が行っている場合もあります。

先にも少し書いたとおり、タクシー事業者が運転代行を行っている場合には、運転代行の事業者と少しルールが変わってきます。

タクシー事業者は、タクシーに乗る資格のある運転手が自分の営業車であるタクシーにお客を乗せなければなりません。

そのため、運転代行をタクシー会社に頼んだ場合、依頼者は必ずタクシーに乗る必要があります。

タクシー運転手が運転する自分の車に乗ってはならないのです。

このあたりもよく誤解されるところです。

依頼者の車に同乗してきた人たちも同じです。

逆に言うと、運転代行の事業者は、本来、タクシーが行うような業務を行ってはなりません。

これを行うと白タク業務になってしまいます。

つまり免許のない人がタクシー行為を行うということです。

白タクは縁のない人にはあまり縁のないものかも知れませんが、実は白タクを日常的に利用している人は案外多いようです。

特に携帯電話が普及しだしてからは、白タクの運転手と容易に連絡が取れるようになったため、いつも白タクを利用するという人までいるようです。

白タクは明らかな違法行為です。

運転手は捕まれば当然、罰せられますし、客として乗っていても警察に厳重注意を受けるでしょう。

ですから絶対に白タクはりようしてはなりません。

一方で白タクを利用する人はなぜ利用するのでしょうか。

そこにはいろいろと理由がありますが、常連客になるとある程度の無理を聞いてくれるようになる場合もありますし、案外、身体の不自由な人に通常のタクシーよりも白タクのほうがサービスも良いという人もいるのです。

また白タクは、お客さんを掴むために通常のタクシーではできないこともよくやります。

例えば、タクシーとしては高級な車を利用したり、相当な安値で走ったりすることもあるようです。

長くやっていて客もついている白タクは、一般に思われているような運賃をぼったくるような真似はしません。

いくら親切だからとっても違法行為への加担には違いないのですから、白タクを利用してはいけません。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寝不足時の運転代行

営業職の方の中には、仕事が終わるのが朝方という人もいるでしょう。 例えば、工場に設置する機械を販売している場合などには、設置を終え、試運転が終わったら、もう朝方、それから車を運転して帰らなければならないといった場合もあるはずです。 そのようなときに、無理をして車を運転し、事故を起こしても、自分が責任を取らなければなりません。 このように寝不足でも車を運転しなければならない機会は案外多いものです。 そのようなときにも、運転代行は役に立ちます。 運転代行の利点は、当たり前ですが

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。