トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイド運転代行の禁止行為 > 白タク行為は禁止(2)

白タク行為は禁止(2)

白タク行為は禁止(2)の画像

運転代行事業者は、自分の営業車に人を乗せて、その代価として金品を受け取ることはできません。

それができるのは、タクシー事業者の運転手だけです。

運転代行が白タク行為をしてしまうケースとして多いのが次のような場合です。

運転代行を依頼した依頼者が自分の車に乗って自分の車の駐車場に行きます。

車を置いてもらって、運転代行の仕事は終わりなのですが、駐車場から自宅までは歩けば10分ほどかかります。

車なら2分ほどです。

酔った身体で、夜道を10分も歩くのは相当に疲れるでしょう。

こんなときについ運転代行の車に乗って自宅に帰りたくなります。

「千円で自宅まで送ってもらえませんか」などと頼む人もいるようです。

しかし、これを実行すると、明らかな白タク行為で法律に反します。

通常の運転代行事業者は必ず断ります。

ところが、なかにはそれを実行してしまう運転手もいるようです。

この場合に依頼者が払うお礼のお金は、いうなれば、その運転手のチップになります。

運転代行の事業者の運転手二人で分けてしまうでしょう。

何が悪いと思う人もいるかもしれませんが、明らかな違反行為を行ったり、強要してはいけません。

こうしたことを避けるには、タクシー事業者が行う運転代行を利用することです。

この場合だと、依頼者はタクシーに乗って駐車場に到着します。

自分の車の運転をしてくれた人から車の鍵を返してもらいます。

そしてタクシーに乗って家まで帰ればよいのです。

この場合には、タクシーに乗っているだけですから、違反にはなりません。

このように運転代行と一口に言っても事業者も様々です。

このことを良く知っていないとトラブルにもなりかねません。

その運転代行が運転代行事業者なのか、それともタクシー事業者なのかをよく見極めて、そのそれぞれの特徴を知り、自分の置かれている状況によって使い分けるのが賢い利用法です。

運転代行に電話するとき、その運転代行がどのような事業者なのか、必ず確かめましょう。

電話で依頼したときに、聞けば必ず教えてくれるでしょう。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 運転代行の歴史

運転代行の歴史はそれほど古くはありません。 何故なら、一般のタクシーなどとは違い、運転代行業が成立するためには、まず自分で車を運転する人がたくさんいるという前提が必要だからです。 単純に人を運ぶ運搬業であるタクシーなどのサービスが古くからあるのに比較して、運転代行の歴史が浅いのは当然です。 さらに、運転代行が広まるためには、ドライバーに飲酒運転は絶対しないといった意識が無ければなりません。 もしも、飲酒運転がたいした罪にならなければ、おそらく運転代行は今ほどには普及しなかっ

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。