トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイドこんなときに運転代行 > 飲酒時の運転代行

飲酒時の運転代行

飲酒時の運転代行の画像

運転代行を使う理由で最も多いのが、飲酒しなければならないからでしょう。

もともと現在のように、運転代行が法によって定められた規制に基づいて事業として社会的に認められる以前にも運転代行はありました。

もちろんその当時から、多くの真面目な事業者が運転代行を行っていたのですが、なかには白タクと同じように、きちんとした料金体系も無いまま酔客を乗せ、恐喝まがいの料金の取り方をするといったことが社会的な問題になったこともあったのです。

今では、そのような事業者は淘汰されています。

事前に料金を確かめて、安心して運転代行を利用することができるでしょう。

また飲酒運転に対する罰則は非常に厳しいものになっています。

罰則が厳しいから飲酒運転をしないというのはおかしなことですが、厳しい罰則がある程度の飲酒運転に対する抑止力になっていることは否めないでしょう。

自家用車や営業車が日常の足である人にとって、また自家用車でないと円滑に通勤できないといった人にとって、飲酒の機会は悩ましい問題です。

飲酒をしなければならない日が事前に決まっている場合においてさえ、車を自宅において通勤するのか、あるいは帰りに車を会社においてくるのか、さらには、もしも会社の人にその日、飲酒する機会があるということを知られたくないといった条件まで重なれば、悩ましさはさらに増すでしょう。

そんなときに、運転代行は強い味方です。

飲酒するお店の近くに自家用車を置いて、お店ではお酒を楽しみ、予約した運転代行を呼んで、自宅まで車を運んでもらう、次の日には、まったくいつもの通り、自家用車で会社に通うことができます。

あるいは、飲み会の費用を削減することもできる可能性があります。

例えば、4人の飲み会で、それぞれが店までタクシーで行き、帰りはタクシーで送ってもらいながら、あるいはそれぞれが別々にタクシーで帰る。

そのような場合、行きは誰かの車に乗って店まで行き、帰りは店と提携した運転代行などを利用して全員を送りながら、車を出した人のところまで戻り、運転代行料金を全員で割り勘にすれば、格安になる可能性もあります。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 白タク行為は禁止(2)

運転代行事業者は、自分の営業車に人を乗せて、その代価として金品を受け取ることはできません。 それができるのは、タクシー事業者の運転手だけです。 運転代行が白タク行為をしてしまうケースとして多いのが次のような場合です。 運転代行を依頼した依頼者が自分の車に乗って自分の車の駐車場に行きます。 車を置いてもらって、運転代行の仕事は終わりなのですが、駐車場から自宅までは歩けば10分ほどかかります。 車なら2分ほどです。 酔った身体で、夜道を10分も歩くのは相当に疲れるでしょう。 こ

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。