トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイドこんなときに運転代行 > 冠婚葬祭の運転代行

冠婚葬祭の運転代行

冠婚葬祭の運転代行の画像

多くの人が一度に移動しなければならないものに冠婚葬祭の行事があります。

駅から会場やホテルに、また終了後に駅やホテルまでと、多くの人を運ばなければなりません。

会場に送迎車などが用意されていることが多いと思われますが、そうでない場合には、タクシーを何台も呼ぶということになります。

そういう煩雑さを避けるために、自家用車で行こうと思う人も多いでしょう。

しかし、法事や結婚式の披露宴にも酒はつきもの。

またせっかくの席で酒を断るのも味気ないものです。

そこで飲酒する機会があるときの車の運転の切り札、運転代行の登場です。

自分の指定した時間に運転手が迎えに来てくれます。

自宅から出るにはどうしても車を使わなければならないという人は多いでしょう。

最寄り駅に車をおいても、飲酒してしまえば帰りに駅から自宅に車を運転して帰ることはできません。

それなら、行きは会場まで自家用車に乗っていき、帰りは運転代行で帰ってくると考えるのは自然な流れです。

帰りには、同じ駅に帰る人で乗り合わせて帰ることもできるでしょう。

最初から、帰りの心配が無ければ、心置きなくお酒を楽しむことができます。

冠婚葬祭といえば、普段なかなか会う機会の少ない親戚や友人とも出会うことが多いもの。

いきおい、話も弾み、お酒にもついつい手が伸びるのは仕方がないでしょう。

もしも車の運転のためにと、酒を断れば、陰で場の雰囲気を読めない無粋なやつといわれるのは目に見えています。

それに何より、自分自身も、親戚や友人のお祝いをしたい、故人を十分にしのびたいという気持ちがあるはず、そんなときに、酒がなければ興ざめです。

運転代行はこうした問題を一気に解決してくれます。

運転代行なら、駅で自分が置いた車に乗ることもできず、タクシーで自宅に帰り、次の日にまたわざわざタクシーを自宅に呼んで駅まで行き、車に乗って帰ってくるような時間と手間はまったく不要になります。

あるいは、次の日に駅まで車をとりに長い道のりをてくてくと歩いていく必要もありません。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 運転代行の手順

運転代行の業務は2人1組で1台の随伴車と呼ばれる車を用いて行われます。 運転代行の手順は次の通りです。 まず、飲酒などの理由で自分の車を運転できなくなった人が運転代行事業者に依頼します。 依頼を受けた事業者は、その依頼者がいる場所に2人1組で随伴車に乗って到着します。 そして依頼者の車のキーを預かります。 そして2人でその依頼者が車を駐車している場所に向かいます。 車についたら、2人のうちの1人が依頼者の車を運転します。 依頼者や依頼者と共に車に乗ってきた人も依頼者の車に乗

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。