トップ 運転代行業者口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ






運転代行業者口コミガイドこんなときに運転代行 > 車のみの運転代行

車のみの運転代行

車のみの運転代行の画像

運転代行の事業者は運転手派遣も同時に行っていることが多いようです。

運転手派遣の場合には、依頼者が車を用意して、派遣された運転手がその車を運転します。

たいていの場合、拘束時間と運転する車の排気量などの組合せで料金が決まります。

主な用途には、会社役員車の運転手や、団体で移動する場合のマイクロバスの運転などがあげられます。

企業で役員車やマイクロバスなどを利用する場合、運転手を常雇いするよりも、必要なときに運転代行に運転手派遣を頼むほうが合理的です。

役員車は毎日の自宅から会社までの送り迎え、マイクロバスは最寄り駅からの社員の送り迎えなどに利用しているところが多いようです。

また旅館などが、こうした送り迎えの業務をアウトソーシングして、車だけを用意して、客の最寄り駅までの送り迎えは運転代行の事業者に頼むという場合もあるようです。

こうした業務はタクシー業者にはできません。

タクシー業者は自社の車を利用して営業しなければならないからです。

ですから、これまでは、企業は自社で運転手を雇っていました。

お抱え運転手といった言葉がよく使われていました。

そのうえ、タクシーを雇って、企業に待機させていた企業も昔は多かったのです。

ですから事業所には運転手控え室があり、駐車場では役員車を磨く運転手の姿が良く見られたものです。

しかし、不況になったり、より効率化した経営が求められるようになったりすると、こうした形態は無駄が多いと判断されることが多くなりました。

運転手も必要なときに必要なだけというわけです。

タクシーでは、外部から、すぐにタクシーやハイヤーであるという区別ができてしまいます。

どこかの企業を役員が訪問するのに、訪問の間中、タクシーを待たせているのも無駄な気がします。

そこで注目されるようになったのが運転代行の運転手派遣というわけです。

この場合の業務は、運転代行と明らかに異なります。

運転代行事業者は車を用意しませんし、人員も一名のみです。

また依頼者が用意した車に人を乗せて運ぶことになります。

運転手派遣のシステムは様々ですから、契約する前に、その詳細について運転代行事業者によく頼むようにしましょう。

スポンサードリンク

運転代行業者口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 車のみの運転代行

運転代行の事業者は運転手派遣も同時に行っていることが多いようです。 運転手派遣の場合には、依頼者が車を用意して、派遣された運転手がその車を運転します。 たいていの場合、拘束時間と運転する車の排気量などの組合せで料金が決まります。 主な用途には、会社役員車の運転手や、団体で移動する場合のマイクロバスの運転などがあげられます。 企業で役員車やマイクロバスなどを利用する場合、運転手を常雇いするよりも、必要なときに運転代行に運転手派遣を頼むほうが合理的です。 役員車は毎日の自宅から

運転代行業者口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。